しみ・シミの悩みなら安心・安全・確実な藤沢美容外科クリニック(神奈川県)へ。口コミで評判のしみ・シミ治療専門クリニック。

美容外科・形成外科・美容皮膚科・アンチエイジング科 藤沢美容外科クリニック

シミ・しみTOP › 貴女のシミの症状は? › 雀卵斑(そばかす)

そばかすといえば、キャンディ・キャンディを思い浮かべます。歌でも「そばかすなんて気にしないわ」っと歌っています。
キャンディ・キャンディは、第一次世界大戦の赤十字のナースでした。当時は戦争で生きるか死ぬかの厳しい時代でしたが、平和で医療技術も進歩した今日では、そばかすを気にして生きなくてはなりません。

好発年齢 学童期に発症し、老年期に軽快することが多いです。
原因 遺伝性が疑われていますが、明らかになっていません。 思春期に濃くなり、中高年で目立たなくなります。
妊娠期に濃くなることもあり、女性ホルモンとの関連も疑われています。
病理組織 病理組織は肝斑と似ていて、表皮下層を中心にケラチノサイトの細胞質にメラニン顆粒が多く分布しています。
メラニン顆粒を異常に産生しているメラノサイトとメラニン顆粒を貯留しているケラチノサイトがある表皮を除去するか、メラニン顆粒の過剰産生を抑える治療方法が考えられます。
特徴 1mm~5mmの褐色斑が顔の頬、眼の下から鼻の付け根の辺りに散在します。お顔全体に散在することもあります。
左右対称に出ることが多く、毛の生え際では少なくなります。女性に多く、また色白で乾燥肌の方に多いのも特徴です。
治療に対する反応は良いのですが、長期的に見ると再発する可能性があります。
治療 当院ではEライト、トラネキサム酸内服、トレチノイン、ハイドロキノン、イオン導入をお薦めしています。
雀卵斑は、Eライトなどの反応が良く、きれいになるのですが再発してしまう可能性があるので、そういった場合には再度治療する必要がでてきます。日焼けで悪化するので、こまめに日焼け止めを塗ることをお薦め致します。