しみ・シミの悩みなら安心・安全・確実な藤沢美容外科クリニック(神奈川県)へ。口コミで評判のしみ・シミ治療専門クリニック。

美容外科・形成外科・美容皮膚科・アンチエイジング科 藤沢美容外科クリニック

シミ・しみTOP › シミ治療でよくある質問と回答集

シミの治療後、逆に濃くなってしまったりする場合はあるのですか?

肝斑等シミの種類によっては、レーザーを照射することで濃くなってしまう可能性はあります。 肝斑の疑いのある部位は避けて照射するか、一部テストショットを行って大丈夫そうでしたら続けていく方法等、慎重に行っております。

↑Page Top

レーザーの種類が色々あってどれが良いのでしょうか?

当院ではシミ治療としてEライトとQスイッチルビーレーザーをお薦めしております。それぞれメリット・デメリットがあり、Eライトは広範囲にシミがある方で、テープ保護も必要なくエステ感覚で受けられますが、治療回数が複数かかります。Qスイッチルビーレーザーはポイント的にシミがある方にお薦めで、ほぼ1回で治療が完了しますが、治療後テープ保護が必要になります。シミの種類によっても治療方法が異なりますので一度無料カウンセリングにご来院頂ければと思います。

↑Page Top

相談の後にすぐに治療してもらう事はできますか?

はい可能です。ご予約の際に治療までご希望かどうか伺いますので、
その際にお申し出頂ければ治療のお時間も確保いたします。

↑Page Top

日焼けをしてしまってますが、治療は出来ますか?

強い日焼けをされている場合、火傷や色素沈着、色が白く抜けてしまう等のリスクがありますので日焼けが落ち着くまでレーザー治療は行えない場合があります。一度医師の診察を受けて頂ければと思います。

↑Page Top

シミになりやすい肌質はありますか?

特に日本人に限っては、日焼け後に赤くなって黒くなる方やすぐ黒くなる方はシミになりやすい肌質です。赤くなっても黒くならない方はシミではなくソバカスになりやすい肌質です。

↑Page Top

妊娠中のシミ治療は大丈夫でしょうか?

当院ではレーザー治療をお薦めしております。妊娠中はホルモンバランスが崩れシミができやすくなります。 妊娠中にレーザー治療を行うとシミが濃くなる場合があるため、出産後に受けて頂くことをお薦めします。
尚、仮に妊娠中にレーザー治療を行っても赤ちゃんへの影響はありません。

↑Page Top

シミ治療を考えていますが、仕事をしているため長期間の通院や治療箇所が目立つと困るのですが、適切な治療方法はあるのでしょうか?

1回で完了する治療や複数回通院が必要な治療、お化粧で隠せる治療など、シミの症状(種類)と置かれている環境によって治療方法をご提案させていただきますので、一度無料カウンセリングにご来院頂ければと思います。

↑Page Top

昔は気にもしていなかった小さなシミが、年々大きくなってきています。原因は何でしょうか?

年齢がわからないので何とも言えませんが、年齢を重ねると新陳代謝が悪くなり細胞中にシミが沈着します。年齢の問題の他に、紫外線やストレス、内臓障害、妊娠などのホルモンバランス、不規則な生活習慣などは、シミの原因であるメラニンを増加させる原因になります。一度できてしまったシミは、自然と消えることはありません。さらに大きくならないためにも一度医師の診察を受けて頂ければと思います。

↑Page Top